ダイエットは女性だけでなく、最近では男性にとっても大きな関心事です。

ダイエット

しかしながら、このダイエットによって病気となるリスクを知らなければ、知らずに病気となり、酷い場合は取り返しのつかないことにも成りかねません。

 

まず第1にあげられるのは、栄養不足によるものです。

通常のダイエット法であれば考えにくい事ですが、最低限の栄養摂取を怠ると様々な栄養不足に陥るリスクがあります。

これは栄養不足だけでなく、消化器系の機能低下や冷え性までも引き起こしやすくなる為、一番軽いものでも、風邪を引きやすいといった症状が現れ始め、酷いものになると、怪我をしても中々治らなくなったりします。

 

単純な栄養不足からくるものであれば、栄養を再度摂取する事によって徐々に健康を回復できる可能性がありますが、消化器系の機能低下を起こし始めると、その状態が定着しやすく、風邪だけでなく、便秘薬下痢等が絶えず続くようになったりもします。

 

長期にわたる栄養不足からくる消化器系の機能低下は、思考を鈍らせたり、或いは逆に過敏となって、精神や感情にも大きな影響を与えます。

 

鬱

鬱症状がある人が、過食症や拒食症になるのも同様の論理からです。

消化器系から脳に影響を来したり、反対に脳から消化器系に影響を及ぼしているのです。

従って、安易にダイエットを行うのはリスクが極めて高いことを考えて、最低限の栄養摂取ができるダイエット法を行い、できるだけ消化器系の機能維持に注意してください。