リバウンド

ダイエットした後になぜリバウンドするかというと、どのようなダイエット法を行ったかにもよりますが、ダイエット後に安心して極端に元の生活に戻ることが原因と考えられます。

例えば食事の量を減らすことと、運動する事で一時的に体重は減ります。

これは単純に摂取するエネルギーよりも消費するエネルギーが多いので体重が減るのです。

しかし、人の身体には適応能力や防衛反応といった能力が備わっていて、次第に少ない摂取カロリーでたくさん身体を動かすことが出来るようになるのです。

つまり慣れとでもとでもいえばわかりやすいかもしれませんが、これがいわゆるダイエットを始めて約2週間後に起こる停滞期と言われるものです。

この時点で体重がなかなか減らないからと諦めてしまい、元の食生活に戻してさらに運動しなければ当然リバウンドしてしまいます。

 

これは長期間のダイエットに成功した場合にも同じことが言えます。

ダイエット

この場合にはなおさら少ない摂取カロリーで多くの運動をこなすことのできる身体になっているわけですから、目標を達成したからと言って急に元の生活に戻してしまうと、摂取した分と運動しなくなった分のダブルで体重が増えていく可能性があるのです。

リバウンドしたくないのであれば、長い時間をかけて少しづつ食事の量を増やしたり、あるいは健康のためににも運動は引き続き行いながら、徐々にダイエットの強度を緩めて行くとよいでしょう。

一番やってはいけないのが「はい終わり」で生活を急変させることです。